> 業務内容

ライン

ライン

記事一覧

薬剤師のためのフィジカルアセスメント研修

ファイル 331-1.jpgファイル 331-2.jpg

日時 平成29年10月26日(木) 15時から
場所 中田薬局松倉店2階研修室

子育て世代の女性がなかなか研修会に参加する機会がないので、日中に研修会を開催しました。 
 1.薬剤師がフィジカルアセスメントを行う目的
 2.血圧測定と原理
 3.脈
 4.パルスオキシメーター

短い時間でしたが、とても有意義な研修会でした

なかた塾第44回:実務実習生特別講座(10月25日)

 弊社では、薬学生の今年度第Ⅱ期実務実習を受け入れております。なかた塾第44回は、実務実習生特別講座を企画し実施したしました。講座名を「いま、薬学生が学び考え気づいておきたいこと!」(薬学履修者としての将来のあり方とその道筋の本質的基盤・土台を考える)として、考える内容が事前にイメージできるようにしました。過去も含めまして、3回目になります。
 
 狙いを二つに絞って、問題意識を持つこと、自分で調べること、考えて結論を出すこと、行動してみること、そして、医療人になる覚悟をすることこそが、学生時代に身につけなければならない必須要件であることを気づいてもらうこと、を一番の目的としました。特に1年半後の薬剤師国家試験に向けて、“勉強漬けは当たり前”という意識の重要性を伝えました。

①薬剤師を目指している皆さんが、学生時代から問題意識を持って、覚悟をして取り組むための着眼点と教育課題を明らかにする。
②自己責任意識で就職活動を行うためのあり方と進め方を学ぶ。

 その上で、七つの事前課題(以下のQ1~7)に対する回答から、現状の問題意識や本人自身が考えている課題を明らかにすることからスタートしました。
Q1:薬学部を受験しようと決めた理由やきっかけは何でしたか?(なぜ、薬学部か?)
   薬学部でも在籍の大学を選択した理由は、何でしたか?(なぜ、○○大か?)
Q2:四年半薬学を学んできました。また薬学部卒業者や薬剤師から直接見聞きして感じたことは、どのようなことでしょう。
   これからの薬学部出身者、薬剤師のあり方や方向は、どうあればいいと考えていますか?
Q3:現時点で、社会に出たら、どのような仕事をしたいと考えていますか?
   なりたい人間像、理想とする薬剤師像を、どのように描いていますか?
Q4:調剤薬局での実務実習を体験して気づいたことに、どのようなことがありますか?
   問題と感じたこと、疑問に感じたことはありますか?
Q5:これから一年半、あなた自身の教育課題(特に学び、身につけておかなければならないと感じている知識、技能、態度など)を、
   どのように捉えていますか?在るとしたら、どのようにして実現するか、具体的計画を立てていますか?
Q6:薬剤師が考案した有名な商品(飲み物、食べ物)は何でしょうか?
Q7:知っている薬剤師有資格の著名人をあげてみましょう。

 その後は、以下の順で、本人の考えを引き出す対話形式で進めました。

1.薬剤師有資格者、薬学部卒業者の職業いろいろ
2.薬学生が、いまこそ(在学中に)学ばなければならない本質的な教育テーマは何か?
  いまこの時期、明確にしておかなければならない着眼点は何か?
3.イーハトーブの薬剤師の卵“more、most”キャンペーン
4.レポート作成
5.まとめ
                                 (人材開発部 井上)

社内研修会

ファイル 324-1.jpgファイル 324-2.jpgファイル 324-3.jpgファイル 324-4.jpg

薬剤師の町田です。
先週の木曜日は、第4回社内勉強会でした。
(今までの社内勉強会の写真を添付しました)
地域の勉強会になかなか参加出来ない、当薬局の主婦薬剤師のために、早めの時間帯(18:30〜1時間)に開催しようと始めたこの会。
今まで、
・検査値
・薬物動態
・患者さんが納得する説明
・服薬指導と薬歴
と4回開催してきました。
今後も、薬剤師のレベルアップのために継続していきたいと思います。

第3回釜石医師会学術講演会

ファイル 303-1.jpg

日時 平成29年6月7日(木)18時から
場所 サンルート釜石
演題 高齢化時代における心房細動マネジメント
演者 弘前大学大学院医学研究科 高血圧・脳卒中内科学講座 潤教授 木村正臣 先生

心房細動における薬物療法では、ワーファリンとNOAKの違いをたくさんのテータをもって分かりやすく説明してくれました。薬剤師としては、副作用の面も気になるところなので、腎機能との関係や抗不整脈の副作用や使い分けなどを興味深く拝聴しました。カテーテルアブレーションの治療に関しては、初めて知る良い機会でした。高齢化に伴い心房細動の患者さんも増えてきていますので、最新の知識を患者さんに提供していきたいと思いました。

バイタルサイン講習会

ファイル 300-1.jpgファイル 300-2.jpg

久々のインストラクター&バイタルサイン講習会のお手伝い☆
高松にも行けず…
大阪にも行けず…
東京にも行けず…
皆さんの投稿を羨ましく見ながらも…
チーム東北の皆で一丸となり♪
楽しく充実したひと時に(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
講師の平山さん♪
本当にお疲れ様でしたm(_ _)m
そういえば…
インストラクター講習の最後の♪
エイブラハム・バルギーズ『医師の手が持つ力』を久々に見ましたが!
改めて色々と気付かされたり考えさせられる事がありました〜( • ̀ω ⁃᷄)✧
まだまだな自分ではありますが♪
薬剤師として何が出来るか…
また
人として…
医療人として…
何が出来るかを考えて実践していきたいと思います(๑>◡<๑)

釜石医師会学術講演会

ファイル 299-1.jpg

釜石医師会の学術講演会☆
今日のテーマは認知症♪
特別講演の演者である小林直人先生とのツーショット写真(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
カメラマンは釜石医師会認知症対策部会長の濱登先生(✿´ ꒳ ` )ノ
認知症初期集中支援チームの活動についてお話していただきました!!!
お話を聴いていて感じたのは♪
患者さんへの優しさだったり
患者さんへの愛情だったり
患者さんの尊厳を大切にしている様子だったり
(私の感想です)
そんな想いのこもったお話を聴けて感銘を受けました( • ̀ω ⁃᷄)✧
そんな先生との出会いに感謝☆
自分も小林先生のように頑張りたいと思います(๑>◡<๑)

平成29年度 第一回釜石コンテント

ファイル 298-1.jpgファイル 298-2.jpgファイル 298-3.jpg

平成29年度初の釜石コンテント☆
本日のテーマは♪
『日頃抱く疑問との向き合い方①』
参加者は♪
薬剤師8名とケアマネージャーさん1名の9名(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
ケアマネージャーさんの参加は嬉しい限り(๑′ᴗ‵๑)
・日常抱く疑問を挙げてみよう
(グループワーク)
・臨床疑問を定義または整理してみよう
・背景疑問と前景疑問を例をあげて紹介
(先ほどあげた疑問を分けて考えてみる(グループワーク))
・効率的な情報検索の提案
・EBMの5ステップ
・真のアウトカムと代用のアウトカムを考えてみよう(グループチャット)
といった流れで進めました〜(❍ʻ◡ʻ❍)
今回は♪
アウトカムについて少しでも考えるキッカケになればと思ってお話しました〜
次回は♪
今回の続きとして臨床データの見方などに簡単に触れたいと思います(✿´ ꒳ ` )ノ
(自分もまだまだ修行不足ですので…σ(^_^;))
釜石コンテントでは♪
様々な視点を提供させていただき!
日頃の業務の中で使っていただきたいと考えてコンテンツを考えています( • ̀ω ⁃᷄)✧
また来月も♪
継続していきたいと思います☆

社内勉強会

ファイル 297-1.jpgファイル 297-2.jpgファイル 297-3.jpgファイル 297-4.jpg

社内勉強会開始☆
有志の勉強会を地域で既に開催しておりますが…
社内では初開催!!!
(先に社内だろうというツッコミが来そうですが…σ(^_^;))
3月から2ヵ月に1回ペースで開催していく予定です♪
有志の勉強会は毎回19時開始もしくは19時30分開始の為…
当社の主婦兼薬剤師の方々は…
なかなか参加出来ない状況でした…(ノTдT)ノ
ということで(๑′ᴗ‵๑)
18時30分〜19時30分の1時間♪
明日から実践してもらえるように!
参加者に考えてもらいました〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
1時間なのですが…
時間をオーバーしてしまい反省…o(T◇T)o
ちなみに内容は♪
『検査値の考え方〜腎機能を中心に〜』
と題して!
個人ワークをしてもらいながら考え方を学んでもらいました〜(✿´ ꒳ ` )ノ
今後も継続しながらみんなで成長していきたいですし(๑>◡<๑)
地域をささえる薬剤師を増やしていければと思います( • ̀ω ⁃᷄)✧

第11回釜石医師会学術講演会

ファイル 294-1.jpgファイル 294-2.jpg

日時 平成29年3月8日(水)18時から
場所 サンルート釜石
基調講演 
演題 認知症と自動車運転 ~改正道路交通法施行後の課題~
演者 はまと神経内科クリニック 濱登文寿 先生
特別講演
演題 レビー小体型認知症をめぐって
演者 横浜市立大学医学部 名誉教授 小阪憲司 先生

改正道路交通法では、認知症と診断された場合は免許が取り消しになるという説明でした。沿岸地域は、公共機関が不便であるので、高齢者から車がなくなると生活ができなくなってしまいます。しかし、事故を起こすともっと大変なことになるので、辛いところです。診断する医師は、認知症と診断しなかった患者さんが事故を起こしたり、逆に認知症と診断して患者に怒られることを考えると診断は難しいですね。認知症の高齢者でも事故の起こさない車が早くできると良いですね。
レビー小体型認知症のことを分かりやすく説明してくれました。

津波から未来の命を守るワークショップ

ファイル 291-1.jpgファイル 291-2.jpgファイル 291-3.jpg

日時   平成29年2月16日(木)18時30分から
場所   釜石市市役所第4庁舎第7会議室
テーマ  津波災害により誰一人犠牲者を出さないまちづくりを進めるために必要なことは
参加団体 ケアマネージャー協議会、介護福祉士会、社会福祉士会、薬剤師会、保健師、リハビリテーション士会、障碍者福祉サービス事業所ほか

震災当時を振り返り、それぞれの団体、個人が行った震災後の取り組みや現状、課題などを確認し、情報共有を目的としたワークショップでした。薬剤師会では震災後、医薬品共有などを目的とした訓練を毎年行ってきました。熊本地震災害で災害医療活動を行って感じてきたことが多々あり、今回釜石で多職種が集まって議論できたことはとても良い機会でした。釜石は多職種との関係が良く、多職種と連携が取れる良い地域だと改めて感じました。こういう研修や議論、在宅での連携を積み重ねて、地域のために力を合わせて活動していきたいと思います。

to TOP

₢킹 vCoV[ TCg}bv

c