> 業務内容

ライン

ライン

記事一覧

町たんけん 双葉小学校

ファイル 225-1.jpgファイル 225-2.jpgファイル 225-3.jpgファイル 225-4.jpgファイル 225-5.jpg

日時  平成27年6月30日
場所  中田薬局上中島店

双葉小学校7名×2組が中田薬局上中島店を訪問してくれました。小学生から、薬の数は、仕事で大変なことは、薬の種類はなどなど子供らしい楽しい質問がたくさん・・・。
調剤室内に入って、子供たちの気持ちはヒートアップ、ワイワイガヤガヤ楽しい町たんけんでした。
子供たちの笑顔と元気は一番の薬です。

動画をyoutubeにアップしました

【前編】100カ所の避難所を対応!中田薬局Pres中田義仁
https://www.youtube.com/watch?v=8T1JL9yv3Vo

【後編】中田薬局pres中田義仁~薬剤師の未来ある?ない?~
https://www.youtube.com/watch?v=X5BHZkXNshY

【前編】SportsPharmacist/震災/薬局長町田和敏
https://www.youtube.com/watch?v=ZiSWqAcyYXE

【後編】在宅医療/震災/コメディカル町田和敏
https://www.youtube.com/watch?v=nxIYQ95lzkc

平成26年度岩手県防災訓練

ファイル 183-1.jpgファイル 183-2.jpgファイル 183-3.jpgファイル 183-4.jpgファイル 183-5.jpg

八幡平市で行われた岩手県防災訓練に私(中田)と小林正樹(松倉店勤務)で参加してきました。総勢6000人が参加する大規模な防災訓練で、想定外の事も多々発生しましたが、それもまた訓練の一環で、薬剤師の判断で適切に解決をしました。東日本大震災後3度目の防災訓練となりました。県薬でも毎年参加し、今年は宮城県薬、岩手医大薬学部の生徒にも参加ご協力頂き、例年以上に実践的な訓練を行うことができました。
災害時での訓練ですが、薬剤師単独では活動できる範囲が狭く、医療救護所や歯科医師会や行政との連携を深めることで災害時でありががら日常と同様の医療行為を提供でき、日頃から顔の見える関係を気づいておく大切さを改めて認識しました。

訓練内容は以下の通りです。
日時  平成26年8月30日(土)9時から
場所  岩手県八幡平市
参加  98機関、6000人
被害  岩手山噴火による土石流発生

岩手県薬剤師会訓練項目
1.避難所での医薬品仕分け訓練
2.避難所での医薬品供給訓練
3.避難所での衛生管理訓練
4.モバイルファーマシー(宮城県薬)展示
5.連絡網訓練

薬剤師体験会

ファイル 178-1.jpgファイル 178-2.jpgファイル 178-3.jpgファイル 178-4.jpgファイル 178-5.jpg

日時  平成26年7月27日(日)10時~
場所  中田薬局松倉店

釜石市内の小学5年生6年生を対象に薬剤師体験会を開催し、調剤(軟膏、シロップ、散剤、1包化)と入浴剤作りを体験してもらいました。この体験を機に薬剤師に興味を持ち目指してくる生徒がでてくれると大変嬉しいですね。次回開催に向けて課題は残したものの、生徒の笑顔がしめしてくれる通り大盛況で終了することができました。

岩手県防災訓練(久慈)

日時  平成25年9月1日9時~
場所  久慈市総合福祉センター

県防災訓練が久慈市で開催されました。東日本大震災を体験して2回目の防災訓練です。薬剤師会としては以下の訓練を行いました。①避難所での医薬品供給訓練(薬剤師によるトリアージ含む)②避難所での医薬品仕分け訓練③避難所での衛生管理訓練
東日本大震災を経験して、災害時、薬剤師は医薬品供給、公衆衛生(薬剤師法第一条)において必要不可欠になっています。いざという時に、適切に活動できるように、防災訓練の場を活用して薬剤師会として参加しています。参加した薬剤師には、薬剤師の本来のすべきことを、理解してくれると嬉しいです。非常時でも平時でも薬剤師のすべきことは同じで、平時からきちんと行っていれば、在宅医療でも非常災害でも応用が利き対応できます。

平成25年度お薬相談会

ファイル 108-1.jpgファイル 108-2.jpgファイル 108-3.jpg

日時  平成25年5月26日 13時
場所  平田仮設住宅サポートセンター
講師  若山利夫先生(北上薬剤師会)

今年度3回目は16名の地域の方々に参加をして頂きました。若山先生は、健康について、食事について、運動について、薬の飲み忘れについてを面白おかしく高齢者にも分かりやすくお話しして頂きました。若山先生は参加者の年齢や雰囲気を見て興味を抱かせる話しのスキルはとても勉強になりました。途中での質問も多かったですが、最後の個別の質問も半数の方が残り終了は15時となりました。
薬剤師会としてこういう機会を作ることの大切さを感じた一日でした。

釜石市健康づくりの集い

ファイル 92-1.jpgファイル 92-2.jpg

日時    平成25年2月3日10時~14時
場所    釜石市保健センター9階
主催    釜石市健康推進課
参加団体  医師会、歯科医師会、薬剤師会、衛生士会、栄養士会、保健所、体育振興課など

震災後、毎年恒例の健康づくりの集いが開催されました。薬剤師会はいつも通り骨密度測定を担当。たくさんの方が測定をしてくれました。訪れてくれた方々は健康に対する意識が高いのか、検査結果が良好な方が多かったです。
この会が今後開催目的を明確にし継続してもらうことと、薬剤師会としては地域の方へ良いアピールの場になる良い機会と思いました。

3月11日 釜石市東日本大震災合同慰霊祭

14時半からの合同慰霊祭、17時半からのキャンドルでの追悼式に参加してきました。前日は友人の1周忌があり、この1年間の事を振り返り考えた1日でした。代表の方々の挨拶を聞くと、復興への決意、後世へ伝える役目をみなさんに話しておりました。強さを感じました。私も地域の薬局として、災害医療チームの一員として経験した一人としての役割があります。そのすべき事の内容を検証して進んで行きたいと思います。
ファイル 14-1.jpg ファイル 14-2.jpg

ページ移動

to TOP

₢킹 vCoV[ TCg}bv

c