> 業務内容

ライン

ライン

記事一覧

第16回 釜石医師会学術講演会

ファイル 258-1.jpgファイル 258-2.jpg

日時  平成28年3月10日(木)18時30分から
場所  サンルート釜石
演題  緩和ケア  -最近の話題ー
演者  岩手医科大学緩和医療学科特任教授 木村祐輔 先生

緩和ケアの考え方を学びました。
早期から緩和ケアを始めると余命にも差が出る、患者の思いを丁寧に聞いて吸い上げる、患者の選択を尊重するといった話が印象的でした。最後に、症例(妊婦)を紹介していただき、会場が熱い思いで一杯になりました。
緩和ケアでもチーム医療の必要性をお話しされており、薬剤師は薬の専門家として、最新のスキルを取得し、医師へ情報提供する役割を理解しました。
本日の講演会も、医師だけでなく、医療職、介護職、行政職と患者に関わる全ての方が受講しました。この地域の健康を、釜石らしい多職種連携で守ってきたいと思いました。

釜石医師会学術講演会

日時  平成28年2月24日 18時から
場所  サンルート釜石
演題  岩手県認知症疾患医療センターの経験から
演者  岩手医科大学 内科学講座神経内科・老年化 助教 赤坂博 先生

かかりつけ医認知症対応能力向上研修会を兼ねての学術講演会で、行政や介護関係者も参加されての研修会でした。赤坂先生は、釜石は、たくさんの方々が受講されていることに驚いており、在宅医療の先進地域と納得されておりました。
認知症は、がんと違って治る病気でなく、患者の能力、介護力、環境などを把握していくことが大事で、医師だけでなく、医療介護の連携の重要さを指摘しておりました。薬剤師の立場から、認知症の患者は、認知症だけでなく、生活習慣病も合併しており、薬物治療が必須であり、たくさんの数を服用されているケースがあります。まずは、処方通り飲んでもらうことが大切であり、副作用や薬の効果の確認も必要となってきます。薬剤師も薬物治療を通じて多職種と連携しながら職能を発揮できるときは来ていると思いました。

健康ライフサポート薬局研修会(こころの健康)

ファイル 253-1.jpgファイル 253-2.jpgファイル 253-3.jpg

日時  平成28年2月16日(火)19時
場所  青葉ビル研修室
講師  岩手県こころのケアセンター派遣講師
内容  こころの悩みを抱えた方への支援
    ~ゲートキーパーとしての薬局薬剤師~

本日は、岩手県こころのケアセンターから講師をお呼びしての、自殺対策ゲートキーパーの研修会でした。薬局薬剤師は、調剤だけでなく、薬の専門家としの役割が求められてきています。今日の場合は、健康の専門家でしょうか?
地域の薬剤師とグループ討論をしながら「聞く力」を学びました。

おくすり相談会(橋野ふれあい広場)

ファイル 252-1.jpg

日時  平成28年1月27日10時30分から
場所  橋野ふれあい広場

世界遺産登録された橋野鉄鉱山近くで今年度最後のおくすり相談会を開催しました。
慢性疾患の薬物治療、高齢者の体の特性、高齢者と副作用、ジェネリック医薬品、残薬、薬の管理方法、健康ライフサポート薬局など盛りだくさんでお話ししてきました。質問もたくさん出て良かったと思います。
おくすり相談会は、会を重ねていくたびに、薬剤師会としてとても重要な事業だと実感しております。相談会でないと話せない内容、地域と共有できないことがたくさんあります。これからも続けていきたいと思います。

健康ライフサポート薬局(一般用医薬品)研修会

日時  平成28年1月21日
場所  青葉ビル

腰痛をテーマに一般用医薬品の研修会を講師役で開催しました。
シップを求めに来た患者に対して、患者からLQQTSFAを用いて情報収集を行い、その情報に基づいて、腰痛の原因となっている疾患を探り、適切な一般用医薬品を提供する。更には、販売した後も責任をもって対応する。といった内容です。
現在は、求めに来た医薬品をそのまま販売して終了しているケースがほとんどですが、患者からきちんと情報収集して、患者の症候から原因となる疾患を探ることで、薬剤師が適切な判断ができるようになると、薬局薬剤師の地域での役割が変化してくると思います。釜石薬剤師会みんなでスキルを高めていきたいと思います。

第12回釜石医師会学術講演会

日時  平成28年1月19日 18時から
場所  ホテルサンルート釜石
演題  神経障害性疼痛とその治療
講師  岩手医科大学医学部麻酔科学講座 講師 大畑光彦 先生

今年、初めての医師会学術講演会でした。痛みに関するお話で、様々な痛みに対して、どの薬が適しているか?薬の用量、薬の副作用、薬の薬理作用などを丁寧に説明してくれました。
釜石地区は高齢化が進んでおり、あちこちの痛みを訴え、薬が処方されているケースが多いです。薬剤師としては、効果も大切ですが、副作用という点で注目して患者さんと接しています。高齢者にNSAIDSが処方され、腎機能は? リリカが処方され転倒や口渇は?などなど。
薬が処方された後、薬剤師が薬の効果と副作用を確認する方法を模索しながら仕事をしていきたいと思います。

医科薬科在宅医療同行訪問研修報告会

ファイル 246-1.jpgファイル 246-2.jpg

日時  平成27年10月20日(火)19時
場所  サンルート釜石

平成26年度に行われた医科薬科在宅医療同行訪問に参加した4名の薬剤師の報告会を開催しました。
報告者4名からは以下のことがあげられました。
・医師の診察のスピード感
・薬剤師による剤形の提案
・薬剤師による薬剤管理の提案
・薬剤師による副作用防止
・薬剤師よる期限切れ薬の処理
・死生観
・薬剤による患者の薬識向上
・医師の処方意図を理解できた。
・医療費削減への貢献

4名すべてが話していたことは、釜石薬剤師会みんなが同行訪問に参加すべき、スキルアップが必要ということで、発表者の笑顔と満足感が印象的でした。

チームかまいし寺田医師からは
1.医師の思考パターンを理解すると、医師と薬剤師のあうんの呼吸が取れるようになる。
2.終末期、食事がとれなくなってきた時期に、どの薬を減らすかは薬剤師の出番
3.同行訪問前に時間を取ってカルテを閲覧することは有用である。
4.患者、家族の意思を尊重することは大切である。
5.臨床の場での、副作用の考え方
などを総括として説明してくれました。

今回の報告会は、在宅医師と薬剤師が一体感を持って、未来に進むことができ、薬剤師が医師の診療のフィールドが少し覗けた気がしました。一歩ずつ、少しずつ明るい未来に向けて薬剤師会として成長していきたいと思います。

どんぐり未来塾沿岸開催

ファイル 245-1.jpgファイル 245-2.jpg

日時  平成27年10月17日(土)16時から
場所  釜石保健センター9階

薬物動態学で有名な、どんぐり未来塾が釜石に来てくれました。

以下のことをわかりやすく解説してくれました
・副作用の機序別分類
・肝代謝か腎代謝か
・定常状態のある薬か定常状態のない薬か

教えていただいた内容を習得することで、服用薬の効き目、副作用、効果発現などを予想することが出来ます。薬剤師は、調剤だけでなく、くすりに関する専門家としての知識を求められています。本日の研修会で引き出しがひとつ増えた感じがします。これからもスキルを高めて地域医療に貢献したいと思います。
どんぐり未来塾のみなさまありがとうございました。

フィジカルアセスメントを活用した薬剤師のための在宅医療対応研修

ファイル 241-1.jpgファイル 241-2.jpg

日時  平成27年10月4日(日)10時から
場所  岩手医科大学災害時地域医療支援教育センター

岩手県薬剤師会が岩手県の委託事業で、薬剤師による適切な薬物治療推進のためにスタートしました。
薬剤師は、患者にお薬を提供した後、処方通り薬を飲めているか?薬が適切に効いているか?副作用は出ていないか?を確認して、副作用の早期発見や薬物治療の効果の判定に寄与するためにフィジカルアセスメント研修を行いました。
薬剤師の課題は多々ありますが、一つずつできることを進めていきたいと思います。

なかた塾43回:今年度新入社員(スタッフ)編2(7月15日、16日)

 先月に引き続きまして、4月入社の医療事務スタッフ職の新卒新入社員の基礎研修の後半部分でした。前回同様、15日(水)午後から16日(木)の2日間実施いたしました。
 スタートは、前回の振り返りを行ないました。その上で、企業人の二大要件は何か、というテーマを考えてみました。
 今回は、ビデオ学習を中心に、“問題点は何か?その理由は?”を見つけ出しながら、“正しい考え方、やり方”を一対一で方向付けする進め方をしました。カリキュラムは、「お客様への応対・応接:態度で示すおもてなしの心」、「指示、報告、質問意見:仕事を動かすコミュニケーション」、「電話の受け方、かけ方:的確な対応が最高の誠意」の三つでした。
 まとめでは、挨拶用語と敬語の理解度テストを行ない、“入社一年間で身につけたい23の行動習慣”を確認して終了しました。進歩した点は、全4回の所感内容が、回を追う毎に具体的になってきたことです。本人の実践力と上長のフォローで、成長していくことを期待しております。

to TOP

₢킹 vCoV[ TCg}bv

c