> 業務内容

ライン

ライン

記事一覧

こども園の生徒が薬局に来てくれました

ファイル 306-1.jpgファイル 306-2.jpgファイル 306-3.jpg

日時  平成29年6月9日(金)

こども園の生徒が薬局に花束と手紙をもって挨拶に来てくれました。3名の園児とも笑顔で大きな声で「いつもありがとうございます。」とお礼を言ってくれました。
園児、小学生、中学生、高校生の元気な声が町を明るくする一番の要因だと思うが、少子化問題で子供は減少しているのが現実。
政治には、あの手この手を使ってどうにか、子供の数が増えるような施策を打ち出して欲しいですね。 
我々は、子供が健全で元気で育つ環境を地域の一人として努めていきたいですね。

釜石コンテント

ファイル 305-1.jpgファイル 305-2.jpgファイル 305-3.jpg

平成29年度第2回釜石コンテント☆
平成27年からはじめた有志の勉強会♪
本日は通算18回目の開催でした!!!
テーマは先月に引き続き♪
『日頃抱く疑問との向き合い方②』
(前回の復習として)
・背景疑問と前景疑問
・効率的な情報収集
・EBMの5ステップ
・PECO
・代用のアウトカムと真のアウトカム
・情報の適用とは
(今回の内容)
・前景疑問にどう向き合うか
・論文抄読会の流れ
・症例からPECOをたてる
・PubMedでの検索
・RCTを10分で吟味するポイント
・批判的吟味とは
・結果の捉え方
・比と差
・情報の適用パートでのグループチャット
・情報の加工
などなど(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
資料を作っていて♪
いつもの90分では終わらなそうだったので…
急遽当日に開始時間を早めて対応σ(^_^;)
参加者には♪
実際にPubMed検索してもらったり!
実際にキーワード検索をしてもらったり!
体験してもらいながらの2時間弱(๑′ᴗ‵๑)
今後は論文抄読会にも参加してもらいながら慣れていってもらえればと思います(๑>◡<๑)
(自分もまだまだなんですが…σ(^_^;))

町田和敏

第9回ケアカフェ釜石

ファイル 304-1.jpgファイル 304-2.jpgファイル 304-3.jpgファイル 304-4.jpg

日時 平成29年6月4日(日)10時から
場所 釜石情報交流センター

日曜日はケアカフェかまいし☆
今回は新食研の五島先生をお招きし!
お話をしてもらった後のケアカフェという形で開催(๑′ᴗ‵๑)
参加人数71名(๑>◡<๑)
会場一杯のお客様に圧倒されながら!
スタッフ一同でおもてなし(๑Ő௰Ő๑)
五島先生のお話は今回で3度目ですが!
何度聴いても心揺さぶられる重みのある言葉の数々に!
釜石でも実践していかなければと強く感じました( • ̀ω ⁃᷄)✧
見つける
つなぐ
結果を出す
そして
広める
(MTK&H(新食研にて商標登録済み))
見つける
つなぐ
の部分で薬局も貢献出来るはず!!!
それをこの地域にも広めていきたい(〃≧◡≦〃)
今後の釜石コンテントで取り上げていきます(ό‿ὸ)ノ
その後のケアカフェには♪
五島先生も入っていただきました〜(_≧Д≦)ノ
ケアカフェ初参加の方も多く!
お昼のお弁当もあっての変則的な流れだったので進行役として不安でしたが…
みんな楽しそうで何より☆
ケアカフェかまいしは今後も楽しく活動し続けていきたいと思います

町田和敏

第3回釜石医師会学術講演会

ファイル 303-1.jpg

日時 平成29年6月7日(木)18時から
場所 サンルート釜石
演題 高齢化時代における心房細動マネジメント
演者 弘前大学大学院医学研究科 高血圧・脳卒中内科学講座 潤教授 木村正臣 先生

心房細動における薬物療法では、ワーファリンとNOAKの違いをたくさんのテータをもって分かりやすく説明してくれました。薬剤師としては、副作用の面も気になるところなので、腎機能との関係や抗不整脈の副作用や使い分けなどを興味深く拝聴しました。カテーテルアブレーションの治療に関しては、初めて知る良い機会でした。高齢化に伴い心房細動の患者さんも増えてきていますので、最新の知識を患者さんに提供していきたいと思いました。

釜石広域介護支援専門員連絡協議会で講演

ファイル 301-1.jpg

日時  平成29年5月12日(金)18時30分~20時00分
場所  サンルート釜石
内容  釜石広域介護支援専門員連絡協議会で講演

薬剤師を活用してください。適切な薬物治療に貢献します。という演題で約90分お話ししてきました。
薬剤師の役割の変化を丁寧に説明して、薬剤師が薬を渡した後に、効果を確認することや薬が効きすぎていないかを確認することの重要性を理解してもらいました。
患者さんの「生活情報」をもっているのは、ケアマネさんで、薬の管理で困っている方や、残薬がある方、コストの問題などなど、なんでも遠慮せずに、薬を交付している薬局につなげて欲しいとお願いしてきました。
ケアマネさんと薬剤師が当たり前のように連携できるような地域にしていきたいと思っています。
そうなると、患者さんの薬物治療は大きく変わっていくと確信しています。

バイタルサイン講習会

ファイル 300-1.jpgファイル 300-2.jpg

久々のインストラクター&バイタルサイン講習会のお手伝い☆
高松にも行けず…
大阪にも行けず…
東京にも行けず…
皆さんの投稿を羨ましく見ながらも…
チーム東北の皆で一丸となり♪
楽しく充実したひと時に(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
講師の平山さん♪
本当にお疲れ様でしたm(_ _)m
そういえば…
インストラクター講習の最後の♪
エイブラハム・バルギーズ『医師の手が持つ力』を久々に見ましたが!
改めて色々と気付かされたり考えさせられる事がありました〜( • ̀ω ⁃᷄)✧
まだまだな自分ではありますが♪
薬剤師として何が出来るか…
また
人として…
医療人として…
何が出来るかを考えて実践していきたいと思います(๑>◡<๑)

釜石医師会学術講演会

ファイル 299-1.jpg

釜石医師会の学術講演会☆
今日のテーマは認知症♪
特別講演の演者である小林直人先生とのツーショット写真(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
カメラマンは釜石医師会認知症対策部会長の濱登先生(✿´ ꒳ ` )ノ
認知症初期集中支援チームの活動についてお話していただきました!!!
お話を聴いていて感じたのは♪
患者さんへの優しさだったり
患者さんへの愛情だったり
患者さんの尊厳を大切にしている様子だったり
(私の感想です)
そんな想いのこもったお話を聴けて感銘を受けました( • ̀ω ⁃᷄)✧
そんな先生との出会いに感謝☆
自分も小林先生のように頑張りたいと思います(๑>◡<๑)

平成29年度 第一回釜石コンテント

ファイル 298-1.jpgファイル 298-2.jpgファイル 298-3.jpg

平成29年度初の釜石コンテント☆
本日のテーマは♪
『日頃抱く疑問との向き合い方①』
参加者は♪
薬剤師8名とケアマネージャーさん1名の9名(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
ケアマネージャーさんの参加は嬉しい限り(๑′ᴗ‵๑)
・日常抱く疑問を挙げてみよう
(グループワーク)
・臨床疑問を定義または整理してみよう
・背景疑問と前景疑問を例をあげて紹介
(先ほどあげた疑問を分けて考えてみる(グループワーク))
・効率的な情報検索の提案
・EBMの5ステップ
・真のアウトカムと代用のアウトカムを考えてみよう(グループチャット)
といった流れで進めました〜(❍ʻ◡ʻ❍)
今回は♪
アウトカムについて少しでも考えるキッカケになればと思ってお話しました〜
次回は♪
今回の続きとして臨床データの見方などに簡単に触れたいと思います(✿´ ꒳ ` )ノ
(自分もまだまだ修行不足ですので…σ(^_^;))
釜石コンテントでは♪
様々な視点を提供させていただき!
日頃の業務の中で使っていただきたいと考えてコンテンツを考えています( • ̀ω ⁃᷄)✧
また来月も♪
継続していきたいと思います☆

社内勉強会

ファイル 297-1.jpgファイル 297-2.jpgファイル 297-3.jpgファイル 297-4.jpg

社内勉強会開始☆
有志の勉強会を地域で既に開催しておりますが…
社内では初開催!!!
(先に社内だろうというツッコミが来そうですが…σ(^_^;))
3月から2ヵ月に1回ペースで開催していく予定です♪
有志の勉強会は毎回19時開始もしくは19時30分開始の為…
当社の主婦兼薬剤師の方々は…
なかなか参加出来ない状況でした…(ノTдT)ノ
ということで(๑′ᴗ‵๑)
18時30分〜19時30分の1時間♪
明日から実践してもらえるように!
参加者に考えてもらいました〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
1時間なのですが…
時間をオーバーしてしまい反省…o(T◇T)o
ちなみに内容は♪
『検査値の考え方〜腎機能を中心に〜』
と題して!
個人ワークをしてもらいながら考え方を学んでもらいました〜(✿´ ꒳ ` )ノ
今後も継続しながらみんなで成長していきたいですし(๑>◡<๑)
地域をささえる薬剤師を増やしていければと思います( • ̀ω ⁃᷄)✧

薬物乱用防止講座(小佐野小学校)

ファイル 296-1.jpgファイル 296-2.jpgファイル 296-3.jpgファイル 296-4.jpg

日時  平成29年2月27日(月)11時25分から
場所  小佐野小学校
内容  薬物乱用防止講座

小学校6年生に対して薬物乱用防止講座を行ってきました。薬剤師から、薬物、アルコール、たばこの害の説明を行い。次に、お酒を誘われたときの断り方をグループ討議をして、実際に担任の先生に誘い役をやってもらい、生徒に断ってもらいました。
小佐野小学校の6年生は、はっきりとお酒の誘いを断ってくれました。また、薬剤師が伝えたかったことを感想文に適切に書いてくれました。
沖縄では、小学校6年生の生徒が飲酒運転をして、同乗していた中学生が死亡するというショッキングな事件が起こったばかりです。釜石では、同じようなことは間違ってもないと思うが、我々薬剤師も地域の生徒と接しながら見守っていきたいと思います。

to TOP

₢킹 vCoV[ TCg}bv

c