> 業務内容

ライン

ライン

記事一覧

第8回釜石医師会学術講演会

ファイル 282-1.jpg

日時  平成28年11月15日18時から
場所  サンルート釜石
演題1 糖尿病患者に対する合併症予防 ~多職種が専門性を発揮するための看護師の役割~
演者1 岩手県軽米病院糖尿病認定看護師 君成田大 先生
演題2 歯周病と糖尿病の関連
演者2 岩手医科大学医学部内科学糖尿病・代謝内科 講師 武部典子 先生

君成田先生からは、看護師が糖尿病患者に係ることで、患者が血糖コントロールに積極的に参加する動機付けになったことや小学校へ生活習慣病の講演の出前講座に行っている話を聞きました。武部先生からは、歯周病と糖尿病の関連を様々なデータを紹介してもらい、歯周病の治療の大切さ、歯の健康の大切さを学ぶことができまいた。

お薬相談会(小佐野老人クラブ)

ファイル 280-1.jpgファイル 280-2.jpg

日時 平成28年10月7日(金)午前11時から正午

場所 小佐野コミュニティ会館 小ホール

小佐野地域の老人クラブから「お薬に関する講話」の依頼があり
講演してきました。

内容は、薬の正しい使い方、ジェネリック医薬品、残薬、高齢者と薬、
かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師としました。


地元の老人クラブだけあって、全員顔なじみの方ばかりでした。
地域の方に対する講演は初めての経験だったので緊張していたのですが
リラックスして話をすることができました。

地域の方から頼りにされる存在になれるよう、今後も努力していきたいと思います。


小佐野店薬局長 石田昌玄

薬物乱用防止教室(釜石高校定時制)

ファイル 279-1.jpgファイル 279-2.jpg

日時  平成28年9月21日16時から
場所  釜石高校しゃくなげホール
内容  薬物乱用防止講座

薬の適正使用と薬物乱用防止をミックスさせて講話を行いました。講義だけでは聞いているほうが飽きてしまうので、実験、ロールプレイを織り交ぜて行ったところ、生徒は楽しく参加してくれたと思います。 実験では、「薬は水で飲む必要性」を理解してくれました。ロールプレイでは、先輩にたばこを誘われたとき、はっきりきっぱりと断っていました。 今後も生徒参加型で講話の内容を考えていきたいと思います。

第6回釜石医師会学術講演会

ファイル 278-1.jpgファイル 278-2.jpg

日時  平成28年9月8日(木)18時30分~20時30分
場所  サンルート釜石
演題  発達障害をめぐる最近の動向
講師  愛知県豊田市福祉事業団 理事長 高橋脩 先生

発達障害が認知されるようになり、診断方法も確立されると、20人に1人の子供が障害を持っていることが分かった。事故などを含む障害も含めると、10人に1人が障害を持っていることとなる。発達障害のようには生まれてきた時から持っている(生まれてから失うことではなくて)ことに関しては、「障害」という扱いでなく、性格と同じように、個性として接することが望ましいと話されていました。また、対象となる生徒を、一般の生徒と同じようにしようと指導するのでなく、一般の生徒とは違う人種ととらえ、彼らが生活しやすいように支援していくことが重要だと話されていました。そのためには、地域全体で支援していくシステム作りが大切で、釜石は医療介護連携では先進的に進んでいるので、子供に関しても、専門職種が連携を強化して、子供たちが生き生きと明るく笑顔で過ごせる町つくり(システム)を形成していくことの必要性を理解しました。

平成28年度岩手県薬物乱用防止教室講習会

日時  平成28年8月28日(日)10時15分から16時
場所  アイーナ8階
内容
 (1) 講義・演習「薬物乱用防止教育の推進及び実践について」 公益社団法人 日本学校保健会 並木茂夫

 (2) 講義「薬物の乱用・依存・中毒の理解と全国中学生調査から見えてくるもの」 埼玉県立精神医療センター 依存症治療 研究部長 和田清

 (3) 実践報告「薬物乱用防止教室 ~学校での実践~
     学校代表  岩手県金ヶ崎高等学校 養護教諭 伊藤千果
     岩手県警代表 遠野警察署 生活安全係長 大坊一央
     岩手県薬剤師会代表 バイタルネット盛岡支店 川目聖子

並木先生は元校長先生で学校と生徒の取り巻く環境をとても分かりやすく教えてくれました。今までは、自分の中だけの知識で判断していたことが明確となったので、今後の薬物乱用防止教室に活かしていきたいと思います。薬物に対する知識習得は絶対条件だがそれだけでは解決にならない。「生きる力」「心の能力」「自分に自信のある子」などを植え付けることが大切な話は、父親としてとてもためになる話でした。最後に、「悪い誘いからの断り方」のロールプレイと「広告に惑わされるな」のディスカッションで終了し、薬物乱用に対して新しいことを学んだ講義と実践でありました。
和田先生からは、薬物の知識を習得する良い機会となりました。薬物乱用、薬物依存、薬物中毒と分けてその違いを教えてくれ、なぜ薬はやめられないか、見た目はよくなってもまた薬に手を出してしまうかを教えてくれました。今までごちゃごちゃになっていた知識の整理が付きました。

薬科包括同行訪問研修に関する研修会

ファイル 276-1.jpgファイル 276-2.jpgファイル 276-3.jpg

日時  平成28年8月23日(火)19時~21時
場所  釜石情報交流センター多目的ホール
演題1  多職種連携における薬学的管理推進のために
演者1  岩手県薬剤師会専務理事 熊谷明知氏
演題2  多職種連携における薬剤師の役割と研修手法について
演者2  釜石医師会理事 寺田尚弘医師

「患者のための薬局ビジョン推進事業」が全国的にスタートし、岩手県では多職種連携による在宅における薬学的管理推進モデル事業を選択して、釜石、気仙、奥州と3地区で実施することとなりました。本日はその事業を進めるにあたって、岩手県薬からの事業説明と寺田医師からの基調講演がありました。
寺田医師からは、わかっているようで理解できていない地域包括ケアシステムを誰もが理解できるように分かりやすく説明していただき、釜石での地域包括ケアシステムの全体像と進捗状況、医療介護連携を中心に、医科薬科、医科歯科、ケアマネ薬科、リハ薬科などの取り組みを紹介してくれました。特に、3年継続した医科薬科在宅医療同行訪問研修を実施して、寺田先生の気づきを(薬剤師の役割)を教えてくれました。
在宅医療連携拠点チームかまいしが設置されて、数々の種まきを行い、毎年医療介護連携が進んでいることを実感しました。この事業が成功して、釜石医療圏の健康増進、健康維持に繋がることを期待しています。

薬科リハ合同研修会

ファイル 275-1.jpgファイル 275-2.jpg

日時  平成28年8月12日(金)19時~21時
場所  釜石市青葉ビル
演者1 山形県天童東村山地区薬剤師会理事・吸入アカデミーやまがた幹事 加藤淳氏
演題1 あなたの患者さんは本当に吸入できていますか?
演者2 釜石リハビリテーション療法士会 吸入療法認定士・作業療法士 菅原章氏
演題2 呼吸リハビリテーションと吸入薬

在宅医療連携拠点チームかまいしのご協力のもと、念願の薬科リハ合同研修会を開催することが出来ました。山の日とお盆の間の日程の悪い中、薬剤師、リハ士だけでなく、歯科医師、看護師、ケアマネなど多職種、内陸からも数名参加してくれました。
加藤氏は、高齢者は握力不足や認知不足や吸う力不足から吸入療法がきちんとできていないケースが多く、薬剤師が介入することで、適正使用に繋がり、患者の状態が良くなったこととデバイスの種類と使い方の盲点を丁寧に教えてくれました。
菅原氏は、リハトレーニングと適正な薬物療法で患者の状態が改善した事、在宅現場ではデバイスが上手く使えていないケースが多く薬剤師の必要性を教えてくれました。
フロアから、うがいのこと、デバイスの細菌汚染など、専門職ならではの視点からの質問が出て、とても盛り上がった研修会となりました。

釜石よいさ

ファイル 274-1.jpgファイル 274-2.jpgファイル 274-3.jpgファイル 274-4.jpgファイル 274-5.php

今年は職員の家族も参加してくれ、子供たちが中心となった中田薬局の釜石よいさでした。

講演会「災害医療と薬剤師」

ファイル 273-1.jpgファイル 273-2.jpgファイル 273-3.jpg

 一般社団法人日本薬学生連盟から2時間の講演依頼がありました。薬学生や社会人10数名の方々にお聞き頂きました。その概要報告になります。

 ◆講演会名:災害医療と薬剤師
 ◆日時:平成28年8月7日(日)13:30~15:30
 ◆会場:岩手医科大学矢巾キャンパス講義室
 ◆講演内容:
  ・東日本大震災における医療活動
  ・災害現場で求められる薬剤師の職能
  ・薬剤師として実践できたこと
  ・薬学で学んだことが現場で活かされた実例
  ・熊本地震の支援活動報告
  ・東日本大震災、熊本地震から学んだ今後の課題

岩手医科大学薬学部自由科目「被災地薬剤師から学び考える会」

 岩手医科大学薬学部の2016年度自由科目が7月29日(金)に開催されました。「被災地薬剤師から学び考える“地域におけるこれからの薬剤師のあり方”」という自由科目です。東日本大震災被災県にある医療系大学として、大震災における各地域での医療活動を知り、その経験を地域医療につなげる学びは極めて重要と位置づけて、毎年継続されています。4年目になりました。
 今回は事前ガイダンスの企画進行と震災時の活動報告を担当させて頂きました。以下、その概要です。

◆ガイダンス(10:30~12:00)
  ・担当講師自己紹介
  ・何故、ガイダンスを重要視するのか
  ・受講メンバー自己紹介
  ・自由科目の学習方針、教育成果、到達目標、提出課題の共有化
  ・目標達成の着眼点
    弊社人材育成・採用を委嘱しております井上和裕氏(EDUCOいわて・学び塾)が担当しました。初回から4年連続となります。
◆釜石における東日本大震災時の薬剤師活動(釜石方式)報告(13:00~14:30)
    弊社社長中田義仁が、岩手県薬剤師会常務理事(兼・岩手医大薬学部非常勤講師)として、熊本地震支援活動の報告も含めて講義しました。

 受講者5名は、翌日から一泊二日の日程で、岩手県薬剤師会主催の被災地薬剤師との交流バスツァーに参加されました。

to TOP

₢킹 vCoV[ TCg}bv

c